管理画面、テーマ等の日本語訳の修正・追加

参考ページ:
https://doc.osclass.org/Translating_and_editing_language_files_(.po_and_.mo)

管理画面やテーマ等の日本語訳を設定する方法を紹介します。

テーマフォルダの中の言語フォルダの中に、poファイルとmoファイルがあります。

  • poファイル
    このファイルで翻訳を編集します。
  • moファイル
    Poeditというソフトを使って、poファイルをコンパイルしたものです。

Step 1: Poeditをダウンロードします。

poファイルを編集するための無料ソフト「Poedit」をダウンロードしてインストールします。

Poeditダウンロードページ

Step 2: poファイルを準備します。

ファイルの場所:

  • 管理画面日本語翻訳ファイル:
    oc-content/languages/ja_JA/core.po
  • エラー等日本語翻訳ファイル:
    oc-content/languages/ja_JA/message.po
  • デフォルトテーマ(bender)日本語翻訳ファイル:
    oc-content/languages/ja_JA/theme.po

Step 3: poファイルを編集します。

●既存の日本語翻訳を編集する場合:

Poeditでファイルを開きます。下部の「翻訳」欄の日本語訳を編集し、保存します。保存すすると、poファイルとともに、moファイルも出力上書きされます。

●日本語翻訳を新たに適用する場合:

編集したいpoファイルをテキストエディタで開きます。msgid行が英語、直後のmsgstr行がその日本語訳です。この2行を「セット」で最終行以降に追加していきます。

msgid “(ここに英語)”
msgstr “(ここに日本語訳)”

poファイルを保存後、Poeditでpoファイルを開き、保存します。moファイルも出力上書きされます。

Step 5: moファイルをサーバにアップロードします。

翻訳が適用されているか、ブラウザをリロードして確認します。

備考

新規テーマの日本語訳を新たに適用する場合

oc-content/languages/ja_JAには、デフォルトテーマbenderの日本語翻訳が入っています。

新規テーマを適用した場合は、そのテーマ用の日本語ファイルを準備する必要があります。
os-contet/themes/(テーマ名)/languages/
内にia_JAフォルダを設置して、日本語翻訳ファイルtheme.moを設置します。

  1. os-contet/themes/(テーマ名)/languages/en_US/
    フォルダをコピーしてja_JAにリネームします。
  2. theme.poを編集して日本語訳をつけて保存し、theme.moファイルを
    os-contet/themes/(テーマ名)/languages/ja_JA
    にアップロードします。