インストール

参考ページ:
https://doc.osclass.org/Install

Step1

OSclassをダウンロードします。

ダウンロードページ:
https://osclass.org/page/download

キャプチャ

「Do it yourself!」にある「Download OSclass v***!」をクリックしてファイルをダウンロードします。(***は最新バージョン名)
メールアドレスは入れなくてもダウンロードできます。

Step2

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。

解凍したファイル一式を、FTPツールを使ってウェブサーバにアップロードします。
例:osclassフォルダにアップしたい場合
サーバ上に「osclass」フォルダを作成し、そのフォルダ以下にファイル一式アップロード。

Step3

ブラウザを開き、インストールしたフォルダ内のindex.phpにアクセスします。

例:osclassフォルダにアップした場合
http://www.archism.jp/osclass/index.php

エラー画面が表示されますが、「Install」ボタンを押します。

OSCass インストールエラー画面

Welcome画面が表示されます。インストール条件が整っていれば、各項目右側に「チェック」がつきます。

OSClass Welcome画面

以下の項目が不要の場合は、チェックボックスを外します。

  • Allow my site to appear in search engines like Google.(Google等の検索エンジンへの表示を許可)
  • Help make Osclass better by automatically sending usage statistics and crash reports to Osclass.:(OSclass改善のために統計やクラッシュレポートを自動送信)

「Run the install」ボタンを押します。

Step4

データベースの情報を入力します。

キャプチャ

例:ロリポップ ライトプランの場合
メニューの「WEBツール」>「データベース」をクリックし、データベースページの情報を入力。

以下左OSClass、右ロリポップの情報。

Host: (サーバー)
Database Name: (データベース名)
User Name: (ユーザー名)
Password: (ユーザー名欄のパスワード確認)
Table prefix: (任意の接頭辞を任意で指定。既に使用しているものと重複しないように。例:os_)

管理者情報とサイト情報を入力

キャプチャ

Admin user
Username: (管理者名)
Password: (管理者パスワード)

Contact information
Web title: (ウェブサイト名)
Contact e-mail: (連絡先メールアドレス)

Location
対象エリア(国からさらに場所を絞り込めます)

インストール成功です。

キャプチャ

UsernameとPassword情報が、先ほど入力したメールアドレスに送信されます。
「Finish and go to the administration panel」ボタンを押して管理者画面に移動できます。

管理者画面

後で管理画面を表示する場合は、ファイルをアップロードしたサーバのURLの後ろにoc-admin/を追加。

例:http://archism.jp/osclass/にアップロードした場合
管理者URLは、http://archism.jp/osclass/oc-admin/

インストールしたURLにアクセスしてみましょう。

キャプチャ