日本国内向けサイトの設定

通貨の設定

管理者メニュー「設定 > 通貨」
の「新しく追加する」ボタンを押します。

通貨コード: JPY
通貨の記号: 円 (※ ¥でも可、その場合は下記金額表示の変更を参考)
名前: 日本円

と入力し、「通貨をアップデート」ボタンを押します。

※必要のない通貨は削除

複数通貨を設定している場合は、
管理者メニュー「設定 > 一般」
の「標準通貨」をUSDからJPYに変更します。

金額表示

管理者メニュー「設定 > 言語」のJapaneseをロールロールオーバーして「編集」を押します。

「通貨形式」

デフォルトの{NUMBER} {CURRENCY}は、「金額」+「通貨の記号」になっています。
通貨の設定で、通貨の記号を「円」にしている場合は、この設定のままでOK。(例: 1000円)
通貨の記号を「¥」にしている場合は、
{CURRENCY}{NUMBER}
の順番に変更することで、¥1000と表示可能です。

「桁区切り」

デフォルトは「2」、小数点以下の数字を二桁表示(例: 1000.00円)。日本円の場合は不要なので、「0」に変更します。

「千桁単位」

半角カンマ「,」を設定すると、千桁単位で区切りを表示します。

タイムゾーンの設定

管理者メニュー「設定 > 一般」

「タイムゾーン」

Europe/Madrid >  Asia / Tokyo

に変更します。

日時の表示形式

管理者メニュー「設定 > 一般」

「日時の表示形式」を希望の表示に変更します。

キャプチャ

メールテンプレート

管理者メニュー「設定 > メールテンプレート」

メールのひな型を日本語に変更します。各ひな型をロールオーバーすると表示される編集リンクを押します。

キャプチャ

{ }内は、自動的に挿入されるため、それ以外の箇所を日本語にします。{ }の中の内容は、右の凡例を参考にしてください。